> > 大林組 CO2排出量を8割低減できるコンクリートを開発

大林組 CO2排出量を8割低減できるコンクリートを開発

記事を保存

大林組は、環境負荷低減技術の一環で、CO2排出量が極めて少ないコンクリートを開発した。今回開発されたコンクリートは、一般のコンクリートと同程度のコストであることも特長。同社は今後、部材レベルでの長期にわたる各種耐久性の確認試験を継続し、実用化を進めていく考えだ。

このコンクリートは、製鉄過程で生じる副産物である、高炉スラグの微粉末などの混和材量を増やした構成となっている。設計基準強度36N/mm2(呼び強度42)の場合では、CO2排出量を1m3あたり50kg以下と、一般のコンクリートに比べ80%以上削減することが可能だ。加えて、特殊な薬剤を採用することで一般のコンクリートと同程度の扱いやすさと強度を確保している。ひび割れの原因となるコンクリート打設後の発熱量も少なく、一般構造物のほか、大型構造物に使用されるマスコンクリートにも利用できる。高流動コンクリートにすることもできるため、施工時の、バイブレータの使用によるCO2排出量も低減できるという。

一般的に、コンクリートからは1m3あたり約300kgのCO2が発生するという。2008年度の生コンクリートの国内生産量(1億100.9万m3)から換算すれば、1年に3000万tを超えるCO2を排出していることになる。そのため、環境への負荷を低減するにあたり、コンクリートの低炭素化は重要課題とされていた。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.