> > ヤナセ 日本エコシステムと提携し、太陽光発電システムの販売事業に参入

ヤナセ 日本エコシステムと提携し、太陽光発電システムの販売事業に参入

記事を保存

輸入車ディーラーのヤナセは、日本エコシステムと販売パートナー契約を締結し、ヤナセグループの新車・中古車販売店において、太陽光発電システムの紹介活動を開始する。まず、5月から東京都内26の販売店にて事業を始め、その後、順次他エリアにも拡大。2012年春までに、北海道エリアを除くグループ直営全店で展開する計画だ。

太陽光発電は、2009年11月に導入された新たな電力買取制度や、政府の温暖化対策を受けて、2020年までに1000万戸への導入が見込まれている。同社は、今後、太陽光発電システムに関心を持つ顧客が増えるとみており、自動車販売部門の営業担当者に商品知識を習得させることで、そうした顧客のニーズに対応し、同システムの拡販につなげていく。

また、同社は、9月にリニューアルオープンする「ヤナセ杉並支店」整備工場の屋根に、同社初の太陽光発電システムを設置し、同工場の消費電力10%を賄う予定だ。日本エコシステムは、国内トップクラスの太陽光発電システムの販売・施工会社で、これまでに、既築住宅を中心に国内1万4千棟の販売・施工実績を持つ。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.