> > アサヒビールなど 低コスト・大量にバイオエタノールを生産できる手法を開発

アサヒビールなど 低コスト・大量にバイオエタノールを生産できる手法を開発

記事を保存

アサヒビールと農研機構九州沖縄農業研究センターは、製糖用に比べて収量を1.5倍に高めた「高バイオマス量サトウキビ」を用い、低コストで大量のバイオエタノールを生産できる手法を開発した。今回開発された「砂糖・エタノール複合生産プロセス」の実証実験では、従来のサトウキビからの砂糖生産量を維持したまま、耕地面積あたり5倍以上のバイオエタノールを生産できることが明らかになった。同システムの実用化により、サトウキビ産業の活性化やCO2削減効果が期待できる。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.