> > 住友商事 カザフスタンでエコカー用レアアース回収事業の合弁会社設立

住友商事 カザフスタンでエコカー用レアアース回収事業の合弁会社設立

記事を保存

住友商事は、カザフスタンの国営原子力公社カザトムプロムと、カザフスタンにおけるウラン鉱残渣を活用したレアアース回収事業に関する新合弁会社を設立する。両社は、昨年8月、共同で同事業を検討することに合意し、準備を進めてきた。出資比率は、カザトムプロムが51%、住友商事が49%。合弁会社では、資源調査・技術確立などの面から、事業化の可能性を検証する。

同国で生産されるレアアースには、電気自動車やハイブリッド車のモーターなどに不可欠なディスプロシウムや、ネオジムが豊富に含まれている。今まではほぼ全量を中国から輸入してきた。住友商事は、同プロジェクトで、早期に年間3000トンのレアアース分離品の生産体制を確立し、将来的には現地でレアアースを活用した高付加価値品の生産を行うことも視野に入れる。日本政府もレアアース・レアメタルの安定供給を重視しており、資源確保戦略の一環として、カザフスタン政府とともに同プロジェクトを支援している。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.