> > 伊藤忠 戸田工業と共同で北米にリチウムイオン電池正極材工場を建設

伊藤忠 戸田工業と共同で北米にリチウムイオン電池正極材工場を建設

記事を保存

伊藤忠商事は、戸田工業と共同で、リチウムイオン電池の主要部材である正極材の新工場を米国ミシガン州に建設する。今後、欧米ではエコカーの大幅な普及が見込まれ、電気自動車(EV)やハイブリッド車向けのリチウムイオン電池の需要拡大が期待されている。新工場は今春着工、2011年に操業を開始し、欧米の電池メーカー向けに出荷を開始する予定。総投資額は約7000万ドル(約70億円)。2015年までに段階的に生産規模を拡大し、電池正極材の生産能力をEV換算で年産80000台に相当する規模にするとともに、次世代正極材開発も手がけていく計画だ。

両社は、リチウムイオン電池の正極材の生産・販売を行う合弁会社を設立し、また、正極材原料を生産するカナダオンタリオ州の戸田工業の子会社TodaAdvancedMaterialsInc.を合弁会社とすることで基本合意した。両社は米国・カナダ両国の正極材生産事業を共同運営し、原料から正極材までの一貫製造体制を整備する。

本事業において、戸田工業は、米国子会社であるTodaAmericaIncorporatedを通じて、米国エネルギー省が発表した「次世代プラグイン・ハイブリッド車、電気自動車、定置型大型電源に使用されるリチウムイオン電池、およびその高性能電池部品の製造業の育成のための助成プログラム」において、投資総額の50%にあたる3500万ドルの助成金交付が決定している。また、ミシガン州及びバトルクリーク市との間でも、TaxCredit(税金からの援助、還付が中心の援助)を中心に、総額は約3000万ドル(約27億円)の支援を確保している。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.