> > 三洋電機 新技術棟を建設し、リチウムイオン電池の技術開発を加速

三洋電機 新技術棟を建設し、リチウムイオン電池の技術開発を加速

記事を保存

三洋電機は、リチウムイオン電池の開発・生産拠点である徳島工場内に、リチウムイオン電池の新技術棟を建設すると発表した。5月から建設を開始し、2010年11月の竣工をめざす。総工費は約30億円。4階建ての新棟には、リチウムイオン電池の技術部門のほか、各種実験装置を設置し、電池の試作や性能評価を行う。リチウムイオン電池は、情報通信機器などの需要のほかに、今後、動力用や太陽電池とのハイブリッド化による蓄電用などの需要拡大が見込まれている。新技術棟の建設により開発拠点の拡充を図り、電池の高性能化、低コスト化、開発期間の短縮などの開発速度を加速させる。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.