> > オリックス不動産 川崎市に環境配慮型大型商業施設を2011年春オープン

オリックス不動産 川崎市に環境配慮型大型商業施設を2011年春オープン

記事を保存

オリックス不動産は、神奈川県川崎市に環境配慮型の複合商業施設「クロスガーデン川崎」を建設する。2011年春のオープン予定で、レンゴー旧川崎工場跡地において、このたび着工した。施設は地上4階、地下1階で、食品スーパーマーケット「サミット」や家電量販店「ヤマダ電機」のほか、医療、グルメなど約20の専門店が出店する計画だ。

同施設は、環境に配慮した施設として、オール電化設備や壁面緑化、太陽光パネル、風力発電機付街灯などを採用し、川崎市建築環境配慮制度「CASBEE川崎」でAランク評価の取得をめざす。また、オリックス自動車によるカーシェアリングサービスの導入を予定している。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.