> > 京セラ 太陽電池の生産・販売を強化、2012年度に1GW体制へ

京セラ 太陽電池の生産・販売を強化、2012年度に1GW体制へ

記事を保存

京セラは、世界的に拡大する太陽電池市場に対応するため、太陽電池セルを増産し、販売体制を強化すると発表した。太陽電池セルの生産については、これまでに公表していた生産計画を上方修正し、2010年度550MWを600MWに、2011年度650MWを800MWに引き上げる。そして、3年後の2012年度に、本年度生産予定量の2.5倍となる1GWの生産をめざす計画だ。生産は、同日竣工を発表した滋賀県野洲市の新工場と、滋賀八日市工場(滋賀県東近江市)の2拠点で行う。また、販路については、国内の独自販売網「京セラソーラーフランチャイズ店」を現在の87店舗から2010年春は100店舗へ、2011年3月までに150店舗へ拡充。海外においても、欧米の販売代理店を2010年春に各100社規模へと拡大を図る。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.