> > オリックス自動車 11店舗に100台を投入し電動自転車のレンタル事業を開始

オリックス自動車 11店舗に100台を投入し電動自転車のレンタル事業を開始

記事を保存

今回事業を始めるのは、東京5店舗(55台)、神奈川1店舗(5台)、京都3店舗(30台)、大阪2店舗(10台)。パナソニック サイクルテック社製「リチウムビビ・ラッテ」を導入する。リチウムイオン電池を搭載し、約3時間のフル充電で、オートマティックモードの場合、22kmの走行が可能だ。

事業名称の「eチャリ」は、「eco(エコロジー)」「easy(容易に)」「electric(電気)」の3つの「e」に由来している。環境意識の高まりや健康志向により、移動手段としての自転車の需要を見込む。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.