> > 日本電工 エコカー向けリチウムイオン電池部材の生産能力を2.5倍に増強

日本電工 エコカー向けリチウムイオン電池部材の生産能力を2.5倍に増強

記事を保存

同社は、1997年からLMSの商業生産をスタート。2008年に、電動アシスト自転車や電動工具の電池向け需要の増加で、ラインを700トン/年に増強した。同社のLMSは、エコカー用途に対応するために長期寿命特性やエネルギー密度の改善を行い、EVやハイブリッド車用リチウムイオン電池の部材として採用が決まっている。

同日、日本電工と新日本製鐵は、両社の競争力強化のため、マンガン系合金等の取引について、業務提携及び資本提携を行うと発表した。新日本製鐵が現在9.5%保有する日本電工の株式を15%まで取得する。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.