> > 三菱電機 消費電力を10%削減するエレベーター群管理システムを開発

三菱電機 消費電力を10%削減するエレベーター群管理システムを開発

記事を保存

今回、開発した群管理システムは、利用者と各エレベーターの位置関係や乗車率から消費電力を推定し、運転効率と省エネを両立させながらエレベーターを配車する。朝夕などのエレベーターが混雑する時間帯には利便性を優先し、乗車率の低い時間帯は省エネ性を優先して、配車を行うことができる。省エネを優先して配車した場合も平均的待ち時間が1~1.6秒増えるだけで、利用者の利便性に問題はないが、省エネの優先度合を顧客のニーズに合わせて調整することも可能だ。

同社はシミュレーションにより、一般的なオフィスビル(エレベーター4台・16階床)で、エレベーターの1日の消費電力量が最大で10%(約10kWh)、CO2排出量が約5.55kg削減できると試算している。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.