> > 三井物産 生物多様性に配慮した国際森林認証材の販売を強化

三井物産 生物多様性に配慮した国際森林認証材の販売を強化

記事を保存

FSC森林認証制度には、森林管理認証の「FM(ForestManagement)認証」と生産・加工・流通における認証の「CoC(ChainofCustody)認証」がある。今回、同社は両方の認証を取得。CoC認証は、子会社の三井物産フォレストが取得し、三井物産の社有林で生産された木材すべてをFSC認証材として販売する。これにより、三井物産フォレストは国産材のFSC認証材取扱量で国内トップ規模となる。10月に名古屋市で開催される生物多様性条約第10回締約国会議(COP10)に向けて、国内でも生物多様性の保全に配慮したFSC認証材へのニーズが高まるとみている。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.