> > 環境省、カーボン・オフセット認証とカーボン・ニュートラル認証の統合で意見募集

環境省、カーボン・オフセット認証とカーボン・ニュートラル認証の統合で意見募集

記事を保存

環境省では、カーボン・オフセット認証主体の多様化を推進するために、新たな認証プログラムを運営するための基本的事項を定めた「カーボン・オフセット制度実施規則(案)」を策定した。本規則(案)について、国民の意見を募集するため、5月1日から5月15日まで、意見の募集(パブリックコメント)を行う。

「カーボン・オフセット」は、温室効果ガスの削減が困難な部分の排出量について他の場所で実現した温室効果ガスの排出削減・吸収量で埋め合わせることをいう。温室効果ガスの削減に向けた取り組みとして、国内外で注目されており、その件数は年々増加している。

環境省では、カーボン・オフセットの一層の活性化等について検討するため、昨年「カーボン・ニュートラル等によるオフセット活性化検討会」を設置し、検討結果として「我が国におけるカーボン・オフセットの取組活性化について(中間取りまとめ)」を公表したところである。その中で、取り組み事例の増加や市場活性化に向けた方策として、市民や地域の取り組みを汲み上げやすくするため、カーボン・オフセット認証主体の多様化が提言された。

また、従来、環境省によるカーボン・ニュートラル認証制度と、海外環境協力センターによるカーボン・オフセット認証制度の2つの制度を、それぞれ別の体制で実施していたものを、認証主体の多様化を契機に、環境省の1つの制度として統合することとし、これに伴い、各委員会の運営体制や関係機関等の関係も併せて整理することとしている。

そこで、本規則(案)は、従来二つの制度と二つの体制で実施されていたこのような制度の見直しを新たな認証プログラムとして開始するために必要な、基本的な事項を定めたものとして、策定された。

新制度では、「カーボン・オフセット第三者認証プログラム」として、「カーボン・オフセット認証」「カーボン・ニュートラル認証及びカーボン・ニュートラル計画登録」の二つの認証等を行うプログラムと、審査機関が申請のあったオフセット・プロバイダーの取引状況を審査し、その結果を公表する「オフセット・プロバイダープログラム」を設けている。

参考:環境省 - 「カーボン・オフセット制度実施規則(案)」に係る意見募集について

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.