> > すかいらーく、神奈川県、埼玉県、京都府の業務用車に三菱i-MiEVを導入

すかいらーく、神奈川県、埼玉県、京都府の業務用車に三菱i-MiEVを導入

記事を保存

すかいらーくは、3月上旬より、三菱自動車の電気自動車(EV)「i-MiEV(アイ・ミーブ)」計3台を導入し、EVを業務に使用する実験を開始したと発表した。同社では、今後、次世代環境車の本格的な導入を予定しており、導入に向けての実験は大手外食チェーンで初めての取り組みとなる。

今回の実験では、神奈川県、埼玉県及び京都府内において、EV計3台をエリアマネージャーの店舗巡回車として使用し、走行性能及び耐久性等について確認する。この実験を通して得られるデータを活用し、今後の本格導入につなげていく計画だ。また、EVの普及に貢献するために、充電設備等のインフラ整備についても検討していく考えを示した。

同社では食材調達から店舗までの各ステージにおいて、ゴミの削減や資源の有効活用、CO2排出削減など環境保全のための様々な取り組みを推進している。今後エリアマネージャーの店舗巡回車を次世代環境社に切りかえていく計画だ。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.