> > 三井住友カード、自動車など購入できる「復興支援・住宅エコポイント」向け専用商品券を発行

三井住友カード、自動車など購入できる「復興支援・住宅エコポイント」向け専用商品券を発行

記事を保存

三井住友カードは、「復興支援・住宅エコポイント事業」の交換商品として、スズキ、富士重工業、ダイハツ工業、日野自動車、マツダ、三菱自動車工業、ヤマハ発動機の自動車・二輪車メーカー7社の各社販売店で利用できる専用商品券の発行を開始した。同商品券は、提携7社共通で、自動車に加えて、原付、小型二輪、電動アシスト自転車などの二輪車も購入可能。4月9日から交換が始まっており、有効期限は2016年1月30日まで。

商品券は2種類あり、「被災地販売店利用 自動車・二輪車共通商品券」は、特定被災区域内の販売店舗の新車購入限定(エコカー以外の購入も対象)。「エコカー自動車・二輪車共通購入券」は、エコカーの新車購入限定(全国で利用可能)。

「復興支援・住宅エコポイント事業」は、地球温暖化対策の推進に資する住宅の省エネ化、住宅市場の活性化に加えて、東日本大震災の復興支援のため、エコ住宅の新築またはエコリフォームをした場合にポイントが発行され、そのポイントを被災地の商品やエコ商品等と交換できる制度。

今回、三井住友カードは「復興支援・住宅エコポイント」と交換可能な商品の提供事業者として採用され、専用商品券の発行を開始した。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.