> > 環境省、3R行動の効果を計算できる「3R行動見える化ツール」を公開

環境省、3R行動の効果を計算できる「3R行動見える化ツール」を公開

記事を保存

環境省は、食品トレーなし販売、マイボトルの使用、ペットボトルのリサイクルなど、25種類の3R(リデュース、リユース、リサイクル)の行動による環境負荷削減効果を定量的・簡易に計算できる「3R行動見える化ツール」を開発し、同省のホームページで公開を開始した。

3Rの行動を進めるためには、その行動の効果を「見える化」することが重要となっている。本ツールは、実施した行動の回数や、回収した容器の重量等を入力するだけで、簡単な計算できる仕組みになっており、ホームページから誰でも無料で利用することができる。店舗におけるペットボトル等の回収の効果の提示、軽量容器製品などのプライベートブランド商品の販売促進、事業者の環境貢献のPR、事業者と消費者の共同的取り組み、地域の環境教育の場などで活用してもらい、3R行動の推進につなげるのが狙い。

具体的には、本ツールでは、既存の調査結果等をもとに、3R行動ごとの環境負荷削減効果を、製品の原材料調達、製造、輸送、処分に至るまでのライフサイクル全体を対象として、定量化した。これにより、エクセルで作成されたツールに行動回数、回収量等を入力するだけで、「天然資源投入量(L)」「廃棄物発生削減量(kg)」「最終処分削減(kg)」「CO2削減kg-CO2」の環境負荷削減効果が自動計算されるようになっている。

参考:環境省 - 「3R行動見える化ツール」の公開について(お知らせ)

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.