> > 三菱商事・三菱自・三菱電機、EVを用いたスマートグリッド実証実験を開始

三菱商事・三菱自・三菱電機、EVを用いたスマートグリッド実証実験を開始

記事を保存

三菱商事、三菱自動車工業及び三菱電機は、4月12日、電気自動車(EV)に搭載された蓄電池を活用し、工場施設の電力需要平準化を行うスマートグリッド実証実験装置「M-tech Labo」を三菱自動車名古屋製作所内に完成させ、稼動を開始したと発表した。

本実証実験は、出力が不安定な再生可能エネルギーや夜間電力を蓄電池に充電し、工場やオフィスの電力需要がピークを迎える時間帯に供給し、電力需要の平準化を実現することを目的としている。また蓄電池も専用の高価な蓄電池を使用するのでなく、EVあるいはEVより回収されるリユース蓄電池を活用することでコストを抑えるシステムの構築を目指す。

実証実験装置「M-tech Labo」は、太陽光発電システム(20kW)、放電可能なEV5台、EVから回収されたリユース蓄電池80kWhで構成される。全体システムには、EVとしての使用に支障を与えず、EV蓄電池を有効に活用できるように、利用可能な放電容量およびその時間帯を統合するシステムEIS(Electric Vehicle Integration System)と、電力需要のピークカットおよびシフトが実現できるよう、「M-tech Labo」を制御するEMS(Energy Management System)を備える。

具体的な実験内容は、1.実験装置から生み出される最大50kWの電力を用い、名古屋製作所内にある生産本館の電力変動低減(変動幅180kWの33%低減を目標)、2.EISの有効性確認を行い、これらの効果を1年間かけて検証する。

3社の役割は、三菱商事がEV蓄電池、リユース蓄電池を活用した電力関連事業の検討、三菱自動車は充放電がEVに与える影響とEVから出力が必要な車両側情報を調査、三菱電機はEV蓄電池、リユース蓄電池を効率的に利用できるシステムの検証となっている。なお、本実証実験は、けいはんなエコシティ次世代エネルギー・社会システム実証プロジェクトの一つとして、東京工業大学の指導を受けながら実施する。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.