> > さくらインターネット、北海道のデータセンターでHVDCと太陽光発電の親和性を検証

さくらインターネット、北海道のデータセンターでHVDCと太陽光発電の親和性を検証

記事を保存

さくらインターネットは、コンテナを利用した石狩データセンターで実施している高電圧直流(HVDC)給電システムの実地検証環境に、太陽光発電を採用したと発表した。HVDCと太陽光発電をあわせて利用することで、直流/交流の変換による電力損失を最小限に抑えるとともに、パワコンレスでコスト削減を実現するシステムについて検証する。

同社は、NTTデータ先端技術、河村電器産業、日商エレクトロニクスと4社合同で、2011年11月に、石狩データセンターのコンテナヤードに、コンテナを利用した実証実験環境を構築。北海道の冷涼な気候を活用した外気冷房の採用により、従来型のデータセンターと比較して空調の消費電力を約9割削減し、PUE(データセンターのエネルギー効率を示す指標の1つ)1.1台を達成している。同社では、さらなるエネルギー効率の向上を目指し、従来の交流(AC)方式より最大で2割程度の電力を削減できるHVDC給電システムをコンテナ化し、石狩データセンターに設置して実地検証を進めている。

今回は、さらなる省エネ、低環境負荷を実現するために、再生可能エネルギーの活用に着目し、HVDCコンテナに太陽光パネルを設置して、HVDC給電システムと太陽光発電の親和性を検証する。HVDCと太陽光発電をあわせて利用することで、直流電源をダイレクトにデータセンターで利用することが可能となるため、直流/交流の変換による電力損失を最小限に抑えることができる。また、パワコンは高価な機器であり、10~15年で交換が必要となるため、パワコンレスとなることで、設備コストの削減と信頼性の向上を図ることもできる。同社は、石狩データセンターで世界最高水準の省エネ、低コスト、低環境負荷の実現をめざす考えだ。

現在、日本では、電力問題が国家レベルの課題となっている。データセンターは電力消費量が非常に大きい設備であり、日本のITコストを世界標準まで引き下げていくためには、電力コストの削減が必須となっている。同社は、国内最大級のネットワークを有しインターネットデータセンター事業を運営しており、データセンターにおける電力問題の解決のためには、省エネ、低コストの両立がポイントだと捉えている。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.