> > 小学校向けにエネルギー消費量「見える化」システム

小学校向けにエネルギー消費量「見える化」システム

記事を保存
小学校向けにエネルギー消費量「見える化」システム

東京ガスは、小学校におけるエネルギー消費量を「見える化」するシステム「TGグリーンモニタースクール」の販売を5月15日から開始した。ガスを熱源に空調を行うガスヒートポンプ(GHP)の導入に加え、本システムの活用を通じて児童等の省エネ行動を推進することで、より高い電力ピークカット効果の実現を提案していく。

同社は、本システムを、小学校に対して、電力ピークカットや省エネ・省CO2に貢献する空調システムとして、GHPを提案するための付加価値として開発した。希望小売価格18万9,000円(税込み、設置工事費別)。本システムは、電気・ガスの使用量や、GHPの運転状況を専用の計測器で収集し、表示するもの。小学校向けに、電気だけでなく、ガスの使用量やGHPの運転状況を「見える化」するシステムは日本初となる。

本システムでは、電気・ガスの使用量は、学校全体の数値に加え、教室単位の数値を3クラスまで計測できる。GHPの運転状況は、外気温、室温、設定温度、運転時間などを計測する。また、計測した情報は、児童向けに、タッチパネル式の表示器に、動物のキャラクターが登場して、時間帯別・日別・月別にグラフや表を使って表示するよう工夫されている。

さらに、本システムが学校のエネルギー・環境教育で、効果的に活用されるために、教師向けの活用手引書や、児童が省エネ行動の結果を記録するためのワークシート等をセットにした「環境教育教材」も小学校に提供する。例えば、ある時点における特定の教室のエネルギー使用量を計測し、その使用量を減らすための方策を児童達が考え、取り組み、その結果を自らが記録・検証するといった一連の行動を授業に取り入れることで、児童の省エネに対する意識を育むことに貢献する。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.