> > 東芝、神奈川県川崎市に「スマートコミュニティーセンター」新設

東芝、神奈川県川崎市に「スマートコミュニティーセンター」新設

記事を保存
東芝、神奈川県川崎市に「スマートコミュニティーセンター」新設

東芝は、スマートコミュニティ事業体制の強化を目的として、神奈川県川崎市に「スマートコミュ二ティセンター」を設立することを発表した。同センターは、スマートコミュニティ事業のグローバル展開に向けた中核拠点。グループ会社を含む社会インフラ部門やクラウドソリューション部門などスマートコミュニティ事業に関連する部門を集結させ、シナジー効果を発揮するとともに、周辺に位置する同社の研究所、社会インフラ部門の工場とも連携強化を図ることで、スマートコミュニティ事業のグローバル展開を一層加速していきたい考えだ。現在建設中で2013年10月に開所予定。収容人数は最大約7000名。

また、同センターに導入されているBEMS(Building Energy Management System)などスマートビルを構成する最先端システムや、最新のスマートコミュニティ、スマートファクトリーの技術を分かりやすく展示・紹介するショールームも設け、東芝ブランドの発信拠点としても位置づけられている。

さらに、同社のICT、制御、センシングなどの最先端技術を取り入れ、快適性と省エネルギーを高いレベルで両立させたBEMSを導入し、平常時・非常時ともに最適な電力需給が可能な先進のスマートビルにする予定。免震構造の建屋や非常用自家発電装置、防潮板装備を設置するなど災害耐性を高くするほか、太陽光発電や蓄電池による電力の最適制御に加え、最適空調制御システム、人物検知制御システム、エネルギー見える化システムの導入により省電力化の具体的な効果を検証していく。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.