> > スマートメータ用無線国際標準規格IEEE 802.15.4g が正式発効

スマートメータ用無線国際標準規格IEEE 802.15.4g が正式発効

記事を保存

情報通信研究機構(NICT)は、米国Elster社、Itron社、Landis+Gyr社、Silver Spring Networks社と共同で、IEEEのスマートメータ用無線国際標準規格IEEE 802.15.4gが正式発効したことを発表した。世界中の無線機器製品の多くが既に本標準規格をサポートしているが、更に急激な普及が予測される。NICTは、今後、国際企業間連携により、スマートグリッド技術の相互運用推進と新機軸の創出を図っていく予定だ。

本標準規格は、スマートメータやスマートホーム用を含む、スマートグリッド機器間の相互通信を実現する無線ネットワークに関する国際標準規格で、NICTが提案したものが基となっている。今回、新たな標準規格が誕生したことにより、スマートグリッド技術の適用分野における共通かつ適切な通信仕様の策定作業が飛躍的に前進すると考えられている。

「スマートメータ」は、一般家庭やビルなど建物内の「電気・ガス・水道」のメータを制御することで、エネルギー使用量をできるだけ抑え、人にも自然にも優しい環境作りを実現するものとして、研究開発が行われている。NICTでは特に、各種メータの自動検針・状況監視・動作制御を、「無線技術」を用いて効果的に行う「スマートメータ」の研究開発を行い、その成果を米国国際標準化規格委員会「IEEE802.15.4g」及び「IEEE802.15.4e」のタスクグループに提案し、標準ドラフト仕様として採択されてきた。

「IEEE 802.15.4g」では、最大で1km程度の規模となる地域に対して、電気・ガス・水道メータの検針データ収集を、無線通信を用いて自動的に行うSUN(Smart Utility Networks)というスマートグリッドを実現するためにネットワークの標準化が進められてきた。

参考:NICT - スマートメータ用無線国際標準規格IEEE 802.15.4g が正式発効

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.