> > 福岡県飯塚市、産学官でゴミ焼却場排出のCO2を使った機能性材料を開発

福岡県飯塚市、産学官でゴミ焼却場排出のCO2を使った機能性材料を開発

 印刷 記事を保存

福岡県飯塚市は、近畿大学を中心とする産学連携組織により、飯塚市クリーンセンターから排出されるCO2の分離回収および回収したCO2を原料とした機能性材料の開発に成功したと発表した。本機能材料は接着剤および塗料としての工業化、商用化が期待されており、今後、飯塚発ビジネスモデルの発信、企業誘致、新事業・産業の創出に取り組んでいく考えだ。

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.