> > 東京モノレール、地上大容量蓄電設備を導入 停電でも最寄駅まで走行可能に

東京モノレール、地上大容量蓄電設備を導入 停電でも最寄駅まで走行可能に

記事を保存

東京モノレールは、地上大容量蓄電設備(バッテリー)を導入すると発表した。この設備の導入により、停電時でもバッテリーに蓄えた電力を利用して、駅間に停車した列車を最寄り駅まで走行させることが可能となる。

今回導入するのは、川崎重工業が自社で開発した高速充放電が可能な新型ニッケル水素電池「ギガセル®」。今年度は、2013年3月に品川変電所への設置を予定しており、これにより運河エリアでの停電による途中停止が解消される。さらに、来年度は2014年3月に多摩川変電所へ設置する予定で、これにより全区間での停電への対応が可能となり、乗車している顧客の救済を安全で迅速に行えるようになる。

また、このバッテリーは、省エネ車がブレーキをかけるときに発生する電力を貯蔵する機能を有する。今後、省エネ車両を増やしていくにあたり、この電力を他の列車の運転用電力に使用することで、電力が有効活用され、省エネルギー化の進展も期待されている。

同社と川崎重工業は共同で、2011年4月に「ギガセル®」の実証試験を実施し、性能を確認したところ、良好な結果が得られたことから、今回導入を決定した。「ギガセル®」は、川崎重工業が開発した超低床の電池駆動路面電車「SWIMO®」や、鉄道システム用地上蓄電設備(BPS)をはじめ、様々な移動体用、風力・太陽光発電、マイクログリッドの出力安定化用およびピークカット用電池として用いられている。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.