> > 古河電工など、太陽光発電用配管を戸建住宅の屋根に固定する新技術

古河電工など、太陽光発電用配管を戸建住宅の屋根に固定する新技術

記事を保存

古河電工は、フォトボルテック(大阪府茨木市)、平田工業(大阪府大阪市)と共同で太陽光発電用配管を戸建住宅の屋根に固定する「プラフレキ®屋根固定部品」を開発した。PF管が使用された太陽光発電用配管用の専用部品で、屋根を傷つけることなく、簡単・確実に取り付けることができる。5月28日に発売を開始する予定。

本製品は、色々な屋根に対応できる汎用性、板金部分には耐久性に優れている耐摩カラー鋼板を使用、クリップ部は360度向きを調整可能などの特徴も備える。屋根の種類に合わせカラーベスト用と和/洋瓦兼用の2種類、サイズはφ16~36の4サイズを用意した。

戸建住宅の太陽光発電用配管にはPF管(合成樹脂製可とう管)が主に使用されており、同社では、耐候性に優れ、黒い屋根に調和する太陽光発電用配管「プラフレキPFDハイクオリティ・ブラック」を発売している。一方で、これまでPF管を屋根に固定する専用部品がなく、屋根を傷めることがなく、簡単に固定できる部品の開発が求められていた。そこで、今回、日本の屋根の設計・施工に精通しているフォトボルテックと、戸建住宅向けに板金加工品を数多く取り扱っている平田工業と共同で「屋根固定部品」を開発した。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.