> > プリウスをベースにした研究開発向け実験車両「RoboCar HV」が登場

プリウスをベースにした研究開発向け実験車両「RoboCar HV」が登場

記事を保存
プリウスをベースにした研究開発向け実験車両「RoboCar HV」が登場

ロボットベンチャー企業のゼットエムピーは、市販車のハイブリッド車をベース車両とした「RoboCar(R)HV」の発売を開始した。これは車載ネットワークCAN(Control Area Network)を介して、ベース車両に搭載されているセンサ情報を取得でき、かつ同社独自のコントローラによって制御可能な、研究開発向けの実験車両。今回はプリウスを採用しているが、要望に応じて他の車両にも対応する。販売価格は1200万円~。

RoboCar HVは、速度、エンジン回転数、四輪速度、ハンドル回転量、バッテリ情報、シフトポジション、加速度、角速度、方位などCAN情報が取得できるうえ、ステアリング、アクセル、ブレーキの制御、ZMP制御BOXでユーザプログラムの実行、ユーザが開発したシステム、ソフトウェアの追加、自動制御モードとマニュアルモードの切り替えなども可能。また、安全装置、オプションでステレオカメラやレーザレンジセンサ等の外界センサを搭載することも可能。

用途としては、センサ、カーナビなどの自社デバイス評価や、車載通信、車両間通信、運転支援技術、自律走行技術の研究開発などが想定されている。

なお、5月23日から開催される「人とくるまのテクノロジー展2012」及び、5月30日から開催される「次世代自動車産業展2012」に出展し、デモンストレーションを行う。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.