> > 昭和シェル石油、アブダビ首長国で太陽光発電システム導入実験事業

昭和シェル石油、アブダビ首長国で太陽光発電システム導入実験事業

記事を保存
昭和シェル石油、アブダビ首長国で太陽光発電システム導入実験事業

昭和シェル石油と、その100%子会社のソーラーフロンティアは、アブダビ首長国において太陽光発電システム導入実験事業へ参画する。同国国営石油精製会社タクリールが操業する製油所関連施設の屋上など4か所に、合計36.4kWの太陽光発電システムを設置した。

本導入実験事業は、一般財団法人国際石油交流センター(東京都豊島区)と、アブダビ首長国国営石油精製会社タクリールとの共同事業として実施されるもの。5月22日に、アラブ首長国連邦(UAE)のアブダビ首長国にて竣工式が開催された。

太陽電池パネルは、国際石油交流センターの会員である昭和シェル石油を通じて、ソーラーフロンティアがCIS薄膜太陽電池を供給した。本事業は、昭和シェル石油グループとしては、サウジアラビアに続き中東での2国目の案件となる。

ソーラーフロンティア製CIS薄膜太陽電池は、銅、インジウム、セレンを使用した独自の太陽電池で、高温下でも高い発電性能を発揮できるため、同国においても期待が寄せられている。昭和シェル石油グループは、1年間に亘り設置した太陽電池の発電データを収集・分析していくとともに、今度とも同国の製油所関連施設での太陽光発電システムの導入に参画していく予定だ。

また、本事業では、昭和シェル石油グループの石油精製会社である昭和四日市石油が、製油所への導入ということから技術的なアドバイス等を担う。施工は千代田化工建設が行った。

国際石油交流センターは、産油国との石油ダウンストリーム部門における技術協力や人的交流を推進している機関。今回の共同事業は、石油供給を安定確保するために産油国との友好関係を強化したい日本側の意向と、製油所における消費電力の一部を再生可能エネルギーで賄うことで原油の輸出余力を増やしたいというアブダビ首長国側の方針が一致したことにより実施に至った。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.