> > Sky Solar Japan、熊本県宇土市に2MWのメガソーラー建設

Sky Solar Japan、熊本県宇土市に2MWのメガソーラー建設

記事を保存

熊本県と宇土市は、宇土市土地開発公社が保有する住吉町の遊休地に、Sky Solar Japanがメガソーラー(大規模太陽光発電所)を建設すると発表した。発電出力は1,955kW。総事業費は約6億円。今年10月に着工し、12月に発電を開始する予定。

熊本県と宇土市、Sky Solar Japanは、5月22日、本事業の実施に向けて、協定書調印式および土地賃貸契約書調印式を開催した。用地の面積は約2,500平方メートル。年間発電電力量は1,955,000kWh、年間CO2排出削減量は約630トンを見込む。埼玉県内における全量固定買取制度を見据えたメガソーラーの立地は、芝浦ホールディングスが玉名郡南関町でホテル「セキアヒルズ」の駐車場を買収し、発電出力3.3MWのメガソーラーを建設する事業に続き、2例目となる。

Sky Solar Holding Companyは、上海に本部をおく中国企業で、太陽光発電事業に特化した再生可能エネルギー事業を世界各地で展開する。Sky Solar Japanは、2009年12月に創業。グループの持つノウハウを活用し、企画・開発・建設・運営までをパッケージした太陽光発電施設を日本市場に提供している。外資系企業による国内のメガソーラーでは、カナディアン・ソーラー・ジャパンが、三重県津市に用地を保有する伯東と提携し、メガソーラーを建設する案件が初事例となっている。

参考:熊本県 - メガソーラー誘致に係る協定書調印式について(PDF)

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.