> > 日揮、インドネシアで新液体燃料実証プラントを試運転

日揮、インドネシアで新液体燃料実証プラントを試運転

 印刷 記事を保存

日揮は、インドネシアで進めてきた低品位炭を原料とする新液体燃料「JCF(R)」を製造する実証プラントの建設と試運転を完了し、デモンストレーション運転を開始したことを発表した。JCF(R)は、自社開発技術である低品炭改質スラリーを活用して製造された新燃料。輸送性・貯蔵性に優れ、重油と同等の燃焼性を持つのが特徴。重油の市場価格よりも約3-5割安の価格で提供することを目指している。

今後、2014年3月までデモンストレーション運転を実施。2015年を目途にインドネシア国内で低品位炭の権益確保からJCF(R)製造、さらにJCF(R)を燃料とした発電などの事業の実現を目指す考え。

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.