> > 関電、中西日本で風力発電拡大 淡路島南部で系統連系受付

関電、中西日本で風力発電拡大 淡路島南部で系統連系受付

記事を保存

関西電力は中部電力とともに、中西日本での風力発電拡大に向けて、地域間連系線を活用し、北陸電力および四国電力から受電することで、北陸・四国エリアにおける風力発電を拡大する取り組みに着手すると発表した。これに伴い、関西電力、北陸電力および四国電力は、淡路島南部などで風力発電の系統連系受付を行う。

今回の取り組みは、風力の出力変動に対応する調整力を確保するために、北陸電力および四国電力から、中部電力および関西電力に対して、それぞれ最大25万kW、20万kWの電力を送電するとともに、風力発電の出力制御技術を組み合わせることで、風力発電の導入拡大を図るもの。四国電力では、これらが初の取り組みとなることから実証試験として位置づけ、技術面の確認を行う計画だ。

四国電力では、風力発電の導入量を概ね倍増となる20万kW拡大することを決定。四国(受付規模20kW)および淡路島南部で風力発電事業を検討している風力事業者を対象に、6月22日、風力発電の系統連系受付に関する説明会を開催する。淡路島南部地域では、四国電力の系統から送られてきた電気を関西電力が供給しており、同地域における風力発電の系統連系については、四国電力の系統に影響を与えることになる。そのため、本地域での風力発電の系統連系受付について、関西電力が四国電力での風力発電の拡大に併せて実施することを決め、四国電力が受付を行う。

北陸電力では、風力発電導入量を45万kWまで拡大する見通しを得て、現在約15万kWの風力発電が連系していることから、新たに30万kWについて、7月2日より風力発電事業者の受付を開始する。これに伴い、深夜等に運転を一時的に中止することを条件とした現行の10万kWの募集は、6月29日で終了する。なお、風力発電受付説明会を6月20日に開催する。購入価格、契約期間は、再生可能エネルギーの固定買取価格制度に基づくもので、1案件の受付容量は5万kW以下となっている。

これら4社に、中国電力および九州電力を加えた6社は、昨年12月に、相互に協力し地域間連系線を活用した中西日本における風力発電導入拡大を図ることについて合意している。今回は、その先行した取り組みとして実施されるもの。

参考1:関西電力 - 中西日本における風力発電導入拡大に向けた取り組みについて

参考2:月刊環境ビジネス7月号 - 大特集「全量買取制度 ―電力会社を直撃!接続へのポイント―」 全電力会社 系統連系の事情一覧

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.