> > オリックス電力、日本最大規模の一括受電マンションでグリーン電力を利用

オリックス電力、日本最大規模の一括受電マンションでグリーン電力を利用

記事を保存
オリックス電力、日本最大規模の一括受電マンションでグリーン電力を利用

オリックス電力は、「電力一括購入サービス」に「グリーン電力」を組み合わせた新たなサービスを開始し、電力一括購入サービスを採用するマンションとしては日本最大規模となる総戸数1230戸の新築マンション「Brillia City 横浜磯子」に導入することを発表した。

電力一括購入サービスは、同社が割安な高圧電力を電力会社から一括受電し、マンション向けに低圧に変換し配電することで、電気料金を削減するサービス。 新サービスは、これに風力、太陽光、バイオマスなどの自然エネルギーによって発電されたグリーン電力を組み合わせたもの。

具体的には、同社が自然エネルギー電気の持つ環境価値としてのグリーン電力証書を購入することで、電力一括購入サービスを導入したマンションの消費電力の一部はグリーン電力を使用しているとみなすことができる。購入するグリーン電力証書は、日本エネルギー経済研究所のグリーンエネルギー認証センター認定のもと、オリックスグループが運営する吾妻木質バイオマス発電所(群馬県)が発電した電力の環境付加価値部分の一部を証書化したもの。

この新サービスを導入するBrillia City 横浜磯子では、電力一括購入サービスによる一括受電システムを活用し、マンションの屋上に設置される太陽光発電システムによって発電された電力を各住戸に配電するサービスを採用。これにより、専有部の電気料金を10%程度削減できる。

同社では、今後も電力一括購入サービスを導入するマンションや、すでに導入済のマンションにおいても、同社が配電する電力量の一部に対しグリーン電力証書を購入し、環境付加価値を提供する予定。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.