> > 東京都、低炭素ビルに関する評価指標(ベンチマーク)を作成

東京都、低炭素ビルに関する評価指標(ベンチマーク)を作成

記事を保存
東京都、低炭素ビルに関する評価指標(ベンチマーク)を作成

東京都は、既存中小規模テナントビルのCO2排出量を比較評価できる評価指標(ベンチマーク)を作成・公表した。本ベンチマークを利用することで、不動産投資家やテナント事業者は、投資先や入居先の選定において低炭素ビルの選択が可能となる。不動産市場における評価を通じて、低炭素ビルの普及やビルオーナーによる省エネ改修の促進を図るのが狙い。

都は、低炭素で防災力と快適性を兼ね備えた「スマートエネルギー都市」への転換に向けて、都市におけるエネルギー消費とCO2排出の起源の多くを占める、建築物の省エネ・低炭素化の推進が重要となっている。そこで、今回、「地球温暖化対策報告書制度」により収集された、3万件を超える中小規模事業所のCO2排出量等の情報を活用して、本ベンチマークを作成した。あわせて、ベンチマークの利用の手引き「建築物のCO2排出実績に関する環境情報活用マニュアル試行版」を作成・公表した。

本ベンチマークは、CO2排出量(年間)の実績値をビルの延べ床面積で割り算した、排出原単位(キログラム-CO2÷平方メートル)に基づき、7ランクを設定している。今回、中規模のほかに、小規模、準大規模テナントビルについても、ベンチマークを作成した。今後、テナントビル以外の業種(コンビニ、飲食店、スーパー等)についても作成・公表していく予定だ。

マニュアルは、不動産投資やテナント事業者が、低炭素建築物を選択する際に不可欠な、建築物のCO2排出に関する情報について、活用の手引きとなるものとして作成。テナントビルのオーナーや開発事業者、設計者、建設事業者、仲介事業者等の関係者に広く活用してもらうことも視野に入れている。試行版のマニュアルとして運用し、今後意見等を踏まえて、利用しやすいものにしていく。

参考:東京都 - 低炭素ビルに関する評価指標(ベンチマーク)を作成

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.