> > 水産総合研究センター、栽培漁業に不可欠なワムシ培養で新システム、廃水ゼロへ

水産総合研究センター、栽培漁業に不可欠なワムシ培養で新システム、廃水ゼロへ

記事を保存
水産総合研究センター、栽培漁業に不可欠なワムシ培養で新システム、廃水ゼロへ

水産総合研究センターは、栽培漁業において不可欠なワムシ大量培養において、廃水をまったく出さず、コスト削減を実現する閉鎖循環式ワムシ連続培養システムを開発したと発表した。本システムの利用により、これまで30日間で約2万~12万リットル出ていた廃水をゼロとすることができる。

栽培漁業とは、魚介類の稚仔(種苗)を人為的な環境下で育てて放流し、海の魚を増やして獲るシステムのことをいう。動物プランクトン「シオミズツボワムシ(ワムシ)」は海産魚類の種苗生産に欠かせない初期餌料であるが、これまでのワムシの大量培養では培養過程でワムシの糞や死骸等の有機物を含む培養廃水が発生するため、廃水の処理施設やその機能維持に費用がかかっていた。

そこで、同センター日本海区水産研究所では、高品質なワムシが長期間、安定生産できる連続培養法のシステムに培養廃水を再利用するための装置を組みこんだ、閉鎖循環式のワムシ連続培養システムを設計した。特に濾過槽内部の構造を改善し、廃水処理能力が高くなるように工夫した。本システムを用いたところ、全ての培養試験で新たな海水を全く利用することなく30日間の連続培養に成功し、毎日約40億個体のワムシ(ヒラメ約40万尾分の餌)が安定生産できた。これにより、従来は30日間毎日約40億個体のワムシを収穫するために生じていた、バッチ式培養では約6万リットル、間引き式培養では約12万リットル、粗放連続式培養では約2万リットルの廃水量がゼロとなった。事業規模での環境にやさしいワムシの培養が期待される。

また、培養経過で新たな海水を追加する必要がないことから、ワムシ培養水槽や種苗生産水槽内へ病原菌等を持ち込む可能性が低く、防疫面からも有効と考えられている。今後は、本システムのさらなる高度化や種苗生産現場への普及に向け、適正な培養条件や管理法の検討や、様々なワムシ株を用いた培養試験等を継続していく予定だ。

参考:水産総合研究センター - 環境負荷ゼロを実現し、コスト削減にも繋がる閉鎖循環式ワムシ連続培養システムを開発しました

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.