> > 日立情報通信エンジ、快適性も追求しスマートオフィス実証

日立情報通信エンジ、快適性も追求しスマートオフィス実証

 印刷 記事を保存

日立情報通信エンジニアリングは、自社の中井開発センタにエネルギー管理システム(EMS)を構築し、6月よりスマートなオフィス環境の実現に向けた実証実験を開始する。これにより、電力使用量を抑制している場合でも快適なオフィス環境を提供するための基礎技術を確立し、2010年度比で最大使用電力17%削減、総使用電力量20%削減を目指す。

同社は、昨年7月より自社の電力使用量の見える化システムを構築・運用することで、空調設備やIT機器などの消費電力の削減などの節電施策や省エネ活動に取り組んできた。今年は、中井開発センタにEMSを構築し、より効率的な電力活用を図る。

同EMSでは「省エネと快適性のバランス適正化を図った空調制御アルゴリズム」「建屋の総使用電力量とデマンド値(最大需要電力)を目標設定値未満に自動で制御する技術」「入退管理システムと連携して場所や利用状況に応じた使用電力の制御技術」を組み合わせてエネルギー管理することにより、快適な環境を保ちながら電力使用量を削減する自動制御システムを適用する。

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.