> > 富士通研究所、センサーによる送信電力の最適制御でデータ収集量を増加させる技術を開発

富士通研究所、センサーによる送信電力の最適制御でデータ収集量を増加させる技術を開発

記事を保存
富士通研究所、センサーによる送信電力の最適制御でデータ収集量を増加させる技術を開発

富士通研究所は、需要増が見込まれる無線センサーネットワーク向けに、各センサーが自律的に送信電力を最適に制御することで、最大データ収集量が従来の2.6倍になる技術を世界で初めて開発した。今後、自律分散型送信電力制御のさらなる高性能化、実環境での適用を図り、2014年度中の実用化を目指す。

散在するセンサーが無線を用いて自律的にネットワークを形成し、さまざまな情報を収集する「無線センサーネットワーク」が注目を集めるなか、特に東日本大震災以降、ネットワークに繋がれた機械同士が人間を介さずに情報交換するシステム「M2Mネットワーク」の必要性が高まってきている。

すでに各家庭の電力検針の自動化(スマートメータ)をはじめとしたM2Mネットワークが商用化されている。今後もオフィスや工場から橋梁や高架、人体に至るまであらゆる場所にセンサーが配置されることが予想されるため、センサーが高密度に遍在する環境において安定したネットワークを形成することが求められている。

無線センサーネットワークでは、複数のセンサーが同時にデータ(パケット)を送信することによりパケットの衝突が起こり、通信性能が劣化する。特にセンサーが高密度に遍在する環境では、パケット衝突が頻繁に発生し、性能が著しく劣化する。

今回、パケット衝突が各センサーのデータを収集するデータ集約装置周辺に集中することに着目し、各センサーが自律的に送信電力を最適な値に制御することで、データ集約装置周辺のパケット衝突を著しく低減する技術を開発した。これにより、従来の無線センサーネットワークと比べ、最大データ収集量を2.6倍増加させることに成功した。

同技術を使用することで、センサーが高密度に遍在するような環境においても、低コスト・高品質な無線センサーネットワークを提供することができ、各家庭の電力検針の自動化をはじめとしたM2Mネットワーク社会の実現へ向けて大きな貢献が期待されている。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.