> > 災害時用、アモルファス太陽光発電のポータブルシート・バッテリーが登場

災害時用、アモルファス太陽光発電のポータブルシート・バッテリーが登場

 印刷 記事を保存

大型膜面構造物メーカーの太陽工業は、災害時の電源確保に最適な製品として、フレキシブルなアモルファス太陽光発電シートと専用バッテリーをセットにした可搬式モバイルソーラー・バッテリーシステムを、6月1日から販売する。製品価格は60万9千円(税込み)で、初年度の売上目標は5億円。

本製品は「ウイングソル(WINGSOL)MSR‐1110B」。アモルファス太陽光発電シート(108W)は巻き取り式のため、コンパクトに収納して簡単に持ち運び可能。どこでもバッテリーユニットに充電することができる。また、このシステムはセパレート方式のため、バッテリーユニット単体での使用が可能。太陽光発電による充電のほか、あらかじめ、一般のAC電源から充電しておけば、非常時にすぐに使用することができる。また、専用バッテリーにはニッケル水素蓄電池を採用し、安定した出力と、充電後の減衰が少ないため長期保管を実現した。

主な用途は、災害などによる停電時や電源のない地帯で、通信機器、パソコン、照明、液晶テレビ、扇風機などの電源としての使用。販売先としては、官公庁、自治体、教育機関、各種企業等を予定している。同社は、災害・緊急用エアテントの販売網を通じて、全国に販売する。

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.