> > シャープ、集光型化合物3接合太陽電池セルで世界最高変換効率43.5%を達成

シャープ、集光型化合物3接合太陽電池セルで世界最高変換効率43.5%を達成

 印刷 記事を保存

シャープは、レンズで集光した太陽光を電気に変換する集光型化合物3接合太陽電池セルで、世界最高変換効率43.5%を達成したと発表した。

化合物太陽電池セルは、インジウムやガリウムなど、2種類以上の元素からなる化合物を材料とした光吸収層を重ね、各層で異なる波長の光を吸収させることで、高い変換効率を実現する太陽電池。今回開発した太陽電池セルでは、同社独自の技術を採用し、インジウムガリウムヒ素をボトム層とする3つの光吸収層を効率よく積み上げた。これにより、3つの光吸収層で集光された太陽光を効率良く電気に変換できることに加え、受光面の電極間隔を最適化し、電気抵抗を最小限に抑えることで、太陽電池の最大出力が向上し、世界最高変換効率43.5%を達成した。

現在、化合物太陽電池は特殊用途として主に人工衛星などに使用されているが、今回の開発成果を、小面積の太陽電池セルで発電できる集光型システムに応用することにより、地上用途への展開を目指す考えだ。

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.