東レ、環境分析ツール「T-E2A」を産環協のLCA用ツール「MiLCA」と一体化

  • 印刷
  • 共有
※画像はイメージです
※画像はイメージです

東レと産業環境管理協会は、製品やサービスの環境影響を統合的に評価する東レの環境分析ツール「T-E2A」について、産環協のライフサイクルアセスメント(LCA)支援ソフト「MiLCA」(みるか)と一体化した拡張機能版を新たに共同開発し、6月から一般に公開すると発表した。

東レの環境分析ツール「T-E2A」は、複数の製品を"環境負荷"と"経済性"の双方からマップ化し、環境負荷が少なく、経済性にも優れた製品を選択することができる環境分析ツール。一方、「MiLCA」(Multiple Interface Life Cycle Assessment)は、環境情報の「見える化」の促進をコンセプトに、産環協が開発したわが国の代表的なLCA支援ソフト。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事