> > 東レ、環境分析ツール「T-E2A」を産環協のLCA用ツール「MiLCA」と一体化

東レ、環境分析ツール「T-E2A」を産環協のLCA用ツール「MiLCA」と一体化

記事を保存
東レ、環境分析ツール「T-E2A」を産環協のLCA用ツール「MiLCA」と一体化

東レと産業環境管理協会は、製品やサービスの環境影響を統合的に評価する東レの環境分析ツール「T-E2A」について、産環協のライフサイクルアセスメント(LCA)支援ソフト「MiLCA」(みるか)と一体化した拡張機能版を新たに共同開発し、6月から一般に公開すると発表した。

東レの環境分析ツール「T-E2A」は、複数の製品を"環境負荷"と"経済性"の双方からマップ化し、環境負荷が少なく、経済性にも優れた製品を選択することができる環境分析ツール。一方、「MiLCA」(Multiple Interface Life Cycle Assessment)は、環境情報の「見える化」の促進をコンセプトに、産環協が開発したわが国の代表的なLCA支援ソフト。

今回共同開発した拡張機能版の最大の特長は、「T-E2A」と「MiLCA」の各機能を一体化し、さらに簡便、かつ迅速な環境分析ができるようにしたこと。製品毎に多岐にわたる資源消費量や環境負荷の算出から、地球温暖化等の各種環境影響評価、さらには、利用者が作成したケーススタディに基づく環境・経済双方からの製品間比較まで、ひとつのソフトウェア上での対応を可能にした。環境配慮型製品の開発をはじめ、消費者への環境情報開示、環境に配慮した意思決定が促進されることが期待される。

なお、本開発品は、本年6月より「MiLCA」の機能拡張版として同ホームページ上で無償配布を開始する(http://www.milca-milca.net/)。また、日本語版に加えてグローバルにも利用できる英語版も同時に配布する。今後はLCAデータ算出の根拠となる原材料やエネルギー別の環境負荷データ、地域別係数など、各国の実態に合わせて機能を順次拡充し、企業や社会における環境コミュニケーションの共通言語として、グローバルスタンダード化をめざす予定だ。

東レでは、環境分析ツール「T-E2A」を、製品やサービスをライフサイクル全体で捉え、環境負荷を低減しながら、経済・社会的価値の向上を目指すLCM(Life Cycle Management)推進の基盤ツールと位置づけ、新素材・新製品の企画立案、研究・開発、生産、マーケティング、企業PR等の事業活動に幅広く活用してきたほか、LCMに賛同する企業や団体にも無償で公開してきた。また、産環協の「MiLCA」は、LCAを実施するためのプロセスデータを管理し、ケーススタディを実施するまでの基本機能のほか、3,000以上の二次データ(資源や投入原料、電力等の文献値に基づくバッググラウンドデータ)が標準搭載されており、簡易にLCAを実施することができる。環境情報の「見える化」を促進するために、初期搭載のプロセスデータなど全ての情報が無料版で閲覧・利用できるようになっており、現在の利用者数は約1,300人に達している(2012年5月時点)。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.