> > 横浜ゴム、米ヒルクライムレースにオリジナルEVと低燃費タイヤで参戦

横浜ゴム、米ヒルクライムレースにオリジナルEVと低燃費タイヤで参戦

記事を保存

横浜ゴムは「チーム・ヨコハマ・EV チャレンジ」と称して、7月8日にアメリカ・コロラド州で開催されるヒルクライムレース「2012パイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライム」にオリジナル制作のEVレーシングカー(電気自動車)で参戦することを発表した。

タイヤは、オレンジオイル配合技術など様々な最新環境技術を採用した同社の低燃費タイヤブランド「BluEarth(ブルーアース)」の新商品「BluEarth-A(ブルーアース・エース)」を装着。ゼロエミッションレーシングカーと低燃費タイヤの組み合わせでレースに参戦する。

チーム・ヨコハマ・EV チャレンジは、「環境、そして人や社会にやさしい」をテーマとし、世界中に発信する「BluEarth」のコンセプトに基づいた活動の一環。参戦は4年目で2010、2011年と2年連続でEVの最速記録更新を成し遂げている。世界で最も過酷なヒルクライムレースに「EV+低燃費タイヤ」で挑戦することにより「走る喜びと環境との調和」「電気自動車用タイヤの研究開発」を追及する。

ドライバーはこれまで同様、世界的なオフロードレースで活躍する塙郁夫選手を起用。車両は昨年、最速記録を大幅に更新した「BluEarth」カラーのEVを使用。

また、今年は同じくEVクラスに参戦する哀川翔監督の「SHOW AIKAWA WORLD RALLY TEAM」をサポートし、グローバル・フラッグシップ・ブランド「ADVAN(アドバン)」の「ADVAN A048(アドバン・エイ・ゼロヨンハチ)」を供給する。ドライバーは世界的なラリードライバーである奴田原文雄選手、車両はToyota Motorsport GmbH開発のもの。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.