> > シャープ、業務用バックアップ電源システムを発売

シャープ、業務用バックアップ電源システムを発売

記事を保存

シャープは、蓄電池を搭載し、停電時でも電力を使用できる業務用のバックアップ電源システムを発売すると発表した。本システムは、太陽光発電システムの自立運転と組み合わせ、電気機器へ電力を供給するとともに、蓄電池への充電も行うことができる。希望小売価格(税込)は71万9,040円。11月30日より受注を開始する。

本システムは、最大定格出力1.4kWと大容量の鉛蓄電池を搭載。停電を感知すると瞬時に蓄電池から電気機器へ自動で電力を供給する。また、瞬間的な停電や電圧低下が発生した場合にも、パソコンやPOSシステムなどの電源をバックアップし、継続運転を可能とした。

大容量出力のため、複数の電気機器を同時に使用できる。例えば、テレビ、照明機器を同時に使用しながら、携帯電話の充電を行ったり、エアコンや冷蔵庫など消費電力の大きい電気機器を運転させたりすることも可能。

本システムでは、平常時は商用電力より蓄電池へ充電を行い、停電時に備える。停電時は、接続している太陽光発電システムを自立運転モードに切り替えることにより、日中は太陽光で発電した電力を使用が可能となり、また、曇天時や夜間など発電量が不足する場合には、蓄電池からの電力供給に自動で切り替わる。発電量が消費電力量を上回る場合、蓄電池へ充電することもできる。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.