> > 環境省、日中水環境協力と第12次5ヵ年計画環境分野に関するセミナーを開催

環境省、日中水環境協力と第12次5ヵ年計画環境分野に関するセミナーを開催

記事を保存


中国では、水質汚濁の改善が最重要課題の一つになっているため、平成18年3月に2006年〜2010年の目標を定めた「国民経済と社会発展第11次5カ年計画」において、化学的酸素要求量等主要汚染物質の10%総量削減目標を設定した。

この課題の解決に協力するため、平成20年5月に日中双方の環境大臣間で「農村地域等における分散型排水処理モデル事業協力実施に関する覚書」を交わし、この覚書に基づいて水汚染物質総量規制分野に係る政策及び技術交流を強化するとともに、中国全国6地域で分散型排水処理モデル施設の建設など9のモデル事業を実施している。

今年3月には、2011年〜2016年の目標を定めた「国民経済と社会発展第12次5カ年計画」を策定。経済発展著しい中国の水環境については注目度が高いことから、今回のセミナーでは、第11次5ヵ年計画期間中の日中水環境協力等の成果を総括するとともに、同事業の中国側パートナーである環境保護部の代表が、第12次5カ年計画の環境分野の重点取組について解説を行う。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.