> > 太陽光発電と繋がったEV急速充電システム発売

太陽光発電と繋がったEV急速充電システム発売

記事を保存

GSユアサは、太陽光発電と蓄電池を組み合わせて、自然エネルギーを利用したEV急速充電システム「PV-EVシステム」の販売を開始した。同システムは、災害などによる停電時に防災型電源としても利用できるのが特長。

希望小売価格は、1,200万円(税別、工事費別)。年間100システムの販売を目標とし、2012年には12億円の売上を目指す。

同システムは、太陽電池、リチウムイオン電池、EV用急速充電器を組み合わせたクリーンシステム。太陽電池で発電した電力をリチウムイオン電池に貯蔵し、蓄えた電力でEVに急速充電を行う。

太陽光発電エネルギーを効率よくリチウムイオン電池に蓄電してEVに急速充電するため、EV走行におけるCO2排出量の削減を実現。また、夜間や日照の少ない時は電力会社からの電力を利用し、リチウムイオン電池への充電が可能。さらに、発電した余剰電力はパワーコンディショナを介して系統連系により電力会社へ売電することもできる。

夜間など太陽光発電が出来ない場合は、系統側よりリチウムイオン電池を充電するため、発電状態にかかわらず急速充電器を使用できる。

さらに、長時間停電時でも、太陽光発電によりリチウムイオン電池に充電ができ、EVへの継続的な急速充電が可能。パワーコンディショナの自立運転出力機能により、停電時に照明や防災情報機器に給電することが可能で、ライフラインの維持に大きな役割を果たすことができる。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.