> > 千葉大、水素ステーションで回収したCO2をトマト栽培に利用

千葉大、水素ステーションで回収したCO2をトマト栽培に利用

記事を保存

東京ガスは、地域水素供給インフラ技術・社会実証事業の一環として運営する燃料電池自動車向けの「羽田水素ステーション」で回収したCO2を、千葉大学が運営する「農林水産省植物工場千葉大学拠点」に12月から供給する。水素ステーションで都市ガスから水素を製造する際に発生するCO2を回収して、植物工場で有効利用する試みは世界初。

同社は、水素ステーションでCO2を回収したあと、液化してCO2ボンベに詰めて、千葉大植物工場に車で運搬。当面は、敷地面積約1,000㎡のトマト栽培施設に、毎月ボンベ2本、約320kgのCO2を供給する予定。

これを受けて千葉大では、運搬した液化CO2を、トマト栽培施設の近くに設置した受け入れ設備で気化しトマトに与える。植物の光合成速度はCO2濃度に比例して高まるという性質をふまえ、大気中では約400ppmのCO2濃度を、今回の共同研究では約1,000ppmまで高める。

人為的にCO2濃度を高めることによって、通常は1㎡あたり約40kgであるトマトの年間収量を約50kgまで高めるたり、甘みが強く品質の高いトマトを生産することが期待されている。

今回の共同研究において、東京ガスは、水素ステーションから回収したCO2を植物工場等で有効利用するために供給する場合のコストの検討を行い、千葉大は、回収したCO2の植物工場内での有効な利用方法等について研究するとともに、回収CO2を植物に与えることの効果を評価する。

なお、羽田水素ステーションは、都市ガスから水素を製造し、羽田空港と都心間を運行する燃料電池バスや燃料電池タクシーに燃料として供給する拠点。また、千葉大学植物工場は、野菜等の食料を安定的に周年生産する植物工場を国内に普及・拡大させることを目的に作られた研究機関となっている。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.