> > 三菱樹脂子会社、中国の農協と太陽光利用型植物工場の実証試験を開始

三菱樹脂子会社、中国の農協と太陽光利用型植物工場の実証試験を開始

記事を保存

三菱樹脂の子会社で太陽光利用型植物工場を展開するMKVドリームは、中国・江蘇省を中心に展開する農業協同組合のチャイナコープ社と、太陽光利用型植物工場の中国における実証試験の実施について合意。中国で第1号となる植物工場を江蘇省無錫市に建設し、11月17日に竣工式を実施した。今後、野菜の生産性やその事業性を評価するとともに、南京市などの他の地域での実証試験の実施についても検討していく。

中国では施設園芸面積が年々増加していて、現在では360万haと日本の約70倍と推定されている。またた、健康志向や食の安全・安心への意識が高まっていて、植物工場で育てられるような高品質かつ安全・安心な野菜への需要が高まることが予想される。

このような背景のもと、太陽光利用型植物工場でトップレベルの技術を有し、かつ中国でのビジネス展開を模索していたMKVドリーム社と、中国への植物工場の導入・展開を検討しているチャイナコープ社の思惑が合致し、工場建設とそれを用いた生産性や事業性の実証試験の実施について両社が合意し試験開始に至った。

無錫市に建設された太陽光利用型植物工場では、人工光を用いた完全閉鎖型の苗生産工場「苗テラスR」で苗を育成。高機能性フィルムを使用した農業ハウス内に苗を移し、水耕栽培によって、トマトやサラダ菜、ほうれん草、水菜などの野菜を育てる。この太陽光利用型植物工場による栽培は、通常の方法と比べて、高品質な野菜をより多く、安定的に生産することができるのが特徴。

また、高機能性フィルムを使用することで、ハウス内への害虫の侵入を抑制し、農薬の使用を減らすことができるため、安全・安心に野菜を栽培できる。今回の試験では、MKVドリーム社が農業ハウス資材や水耕栽培システムの供給と技術支援を行い、チャイナコープ社が野菜の生産と安全・安心な野菜を求める市場への流通を担う。

MKVドリーム社は、試験期間中に、減農薬で育てられた安全・安心な野菜に認められる中国のグレード認定取得を目指すとともに、中国における植物工場の本格事業化への検討を進めたい考えだ。

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.