> > 東芝、中国国有企業とスマートコミュニティ分野で提携

東芝、中国国有企業とスマートコミュニティ分野で提携

記事を保存

東芝は、中国国有企業の中国節能環保とスマートコミュニティ分野で提携する。同社は、中国節能環保およびみずほコーポレート銀行と中国におけるスマートコミュニティ事業推進に向けた協力関係を構築することで合意した。

同社は、本提携により、中国市場におけるスマートコミュニティ事業などの省エネ・環境事業の拡大を加速させる。今後、中国をはじめとする新興国で、同関連事業を積極的に推進し、2015年度の同事業の売上高として9,000億円を目指す考えだ。

今回の提携は、スマートコミュニティや省エネサービス、グリーンビルディング(環境に配慮したビル)分野において、中国節能と同社の情報・意見交換を緊密化し、技術交流や個々のプロジェクトにおける共同参画などの協力を進めていくもの。みずほコーポレート銀行は、資金調達などを通じて両社の取組みを支援する。

中国では、第12次5ヵ年計画において、「省エネ・環境保護」と「新エネルギー」を「戦略的新興産業」と位置付け、経済成長持続と省エネ・環境対策の強化の両立を目指している。その施策において、国内生産額(GDP)あたりのエネルギー消費とCO2排出を大幅に削減することを目標に掲げている。そのような中、省エネや新エネルギー導入に向けた取組みが積極的に進められており、中国における省エネ・環境ビジネスの市場規模が急速に拡大すると見込まれている。

同社では、これまでに中国国内において、「江西省共青城市におけるスマートコミュニティ技術実証事業」、「天津市環境都市プロジェクト」に参加し、スマートコミュニティ関連事業を手がけてきた。

中国節能は、中国の国有企業の一つで、中国国務院が同国初の環境・省エネ事業投資・管理会社として1988年に設立された。中国国内における省エネ・環境保護技術の普及と環境・省エネ事業投資の中心的な役割を担っている。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.