> > NEDO・新日鉄、インドで製鉄所のエネルギー効率を大幅に改善

NEDO・新日鉄、インドで製鉄所のエネルギー効率を大幅に改善

記事を保存


本事業は、タタ製鉄の製鉄所内のコークス工場にCDQを設置、赤熱コークスを従来の湿式法(水)に代えて乾式法(不活性循環ガス)で冷却し、回収した熱を製鉄所の工場用蒸気として利用することで省エネルギー化を図るもの。この設備で排熱の84%を回収して利用することが可能となり、重油換算年間約5万tの省エネ効果、約13.7万トンのCO2削減効果を見込んでいる。また、本設備では、併せて、炭塵等の大気汚染物質の拡散も抑制を図ることも目的としている。

本プロジェクトは、2006年度から2011年度にかけて実施。CDQを設置し、従来のコークス消火法からの転換による省エネルギー効果、煤塵抑制効果およびコークスの均一化による高炉の安定操業への寄与等の有効性を検証した。今後、NEDOは、普及セミナー等を通じて、本技術のインドを中心とした海外への普及を推進するとしている。

近年、インドでは、急速な経済発展に伴いエネルギー需要が急増しているおり、先進国で実用化されている省エネルギー技術導入への関心が高まっている。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.