> > 日産、高性能、低価格を実現したEV用「新型急速充電器」を発売

日産、高性能、低価格を実現したEV用「新型急速充電器」を発売

記事を保存

日産自動車は、独自開発した電気自動車(EV)向け新型急速充電器の販売を開始した。

同充電器は、車両と充電器本体を通信させた漏電監視や各種安全装置を採用することで、高い安全性を確保したのが特徴。また、急速充電器の設置個所拡大と充電方式の標準化を目的に設立されたCHAdeMO協議会のプロトコルに準拠することで、日産および他社のEVに対応するなど、従来の日産製急速充電器と同スペックの高性能を有しながら、本体を容積比約半分の小型化も実現した。

さらに、新回路技術の採用や日産の生産・開発技術を最大限活用したシンプルで無駄のない構成により、高品質でありながら従来型比半額以下の598,500円〜の低価格を実現。また、国の充電設備等に対する補助制度を利用することで最大で本体価格の半額程度の補助を受けることができ、実質の価格は318,500円〜となる。

現在、同社の販売店には急速充電器が約200店舗に設置されているが、さらに約200店舗に増設し、2011年度末までに現状の2倍となる合計400店舗に急速充電器を設置する予定。 また、販売を共同で進めていくパートナー企業も積極的に募集し、2015年度末までに5,000基の新型急速充電器を販売することを目指す。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.