> > トヨタ、BMWと提携、リチウムイオン電池などを共同開発

トヨタ、BMWと提携、リチウムイオン電池などを共同開発

記事を保存

トヨタ自動車は、BMWグループと、環境対応のコアとなる次世代リチウムイオンバッテリー技術など、環境技術の開発で提携する。また、BMWから、トヨタの欧州統括会社であるトヨタモーターヨーロッパ(TME)へ、1.6及び2.0リットルの低燃費ディーゼルエンジンの供給を受けることも発表した。BMWから供給を受けたエンジンは、2014年から欧州市場向けに販売予定のトヨタ車に搭載される。

両社は、12月1日、次世代環境車・環境技術における中長期的な協力関係の構築に向けた覚書に調印した。覚書では、両社が、今後次世代リチウムイオンバッテリー技術に関する共同研究を開始すること、さらに、環境技術におけるその他の協業テーマについても検討を進めることに合意した。

BMWとTMEは、前述のディーゼルエンジンの供給契約を締結した。今後TMEは、BMWからディーゼルエンジンの供給を受け、燃費性能に優れ、CO2排出量の少ないディーゼルエンジン搭載車のラインナップを充実させ、拡販を図っていく。

トヨタは優れた環境対応技術を、BMWは高性能、高効率のディーゼルエンジン技術を有している。両社は、本提携により、それぞれの得意分野を持ち寄り、環境対応技術の開発に向けて協力することで、優位性をさらに高め、競争力を強化していく考えだ。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.