> > イトーキ、カーボン・オフセットサービスで排出量取引事業へ本格参入

イトーキ、カーボン・オフセットサービスで排出量取引事業へ本格参入

記事を保存

イトーキは、オフセット代行・温室効果ガス(GHG)排出量算定・クレジット創出支援を行い、事業者などの最良なカーボンマネジメントを実現する「カーボン・オフセットサービス」を11月7日より開始し、排出量取引事業へ本格参入した。

同社は本事業により、顧客に、手軽に安心して、カーボン・オフセットを通じた環境貢献を行うことができるサービスを提供し、2012年度は100社へカーボン・オフセットの導入を見込む。

本サービスは3つのサービスで構成される。1つ目の「オフセット代行サービス(オフセットする)」では、顧客のオフセットをする目的に応じて、CER、J-VER、国内クレジット、グリーン電力などのオフセットをサポート。小口から大口まで適切なクレジットをアレンジし、煩雑なオフセット作業を代行・支援する。2つ目の「温室効果ガス排出量算定サービス(はかる)」では、データの収集分析が必要なエネルギーや原料・生産・購買など企業活動にまつわるあらゆるGHG算定を、同社のノウハウにより支援する。展示会やイベント、生産ラインや引越しなど、さまざまなもの・ことから排出されるGHGを顧客の要望にあわせて算定する。3つ目の「クレジット創出支援サービス(つくる)」では、クレジット創出に必要な煩雑な書類作成や申請業務を代行・支援する。

さらに、同社では、第三者機関である気候変動対策認証センター(社団法人海外環境協力センター内)による「あんしんプロバイダー制度」に参加することで、より信頼性と透明性の高いサービスを提供する。同制度参加者をオフセット・プロバイダーとして利用する場合は、排出量クレジットの取扱方法等の確認作業を定期的に行っているため、申請手続きにおける期間の短縮や一定額の手数料優遇を受けることができる。

オフィス関連事業を手掛けるイトーキは、Ud(ユニバーサルデザイン)とEco(エコデザイン)の融合による持続可能な共創社会の実現を目指し、「Ud&Eco style(ユーデコスタイル)」を企業メッセージとして掲げ、環境保全を実現するビジネスを展開している。2010年12月には、「Spina(スピーナ)®」チェアで、タスクチェア初のカーボン・オフセットラベルを取得し、2010年環境省カーボン・オフセットモデル事業として認められている。今回、これらの実績を基に、更なる市場拡大が見込まれる排出量取引事業に新規参入した。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.