> > 街路灯やアパートなど、LED電灯の電気料金値下げスタート

街路灯やアパートなど、LED電灯の電気料金値下げスタート

記事を保存


今回対象となるのは、看板灯、アパートの共用灯向けなどの「定額電灯」と、道路や橋、公園の電灯向けなどの「公衆街路灯A」。これまで「10ワットをこえ20ワットまでの1灯につき」が最低区分だったが、その下に「10ワットまでの1灯につき」という新たな区分を設けることにより、消費電力の小さいLED照明に対応する。

東京電力の場合、定額電灯については、従来の「10ワットをこえ20ワットまでの1灯につき」では121円26銭だったが、新たに設けられた「10ワットまでの1灯につき」では84円78銭になり、36円48銭下がることになる。

また、公衆街路灯Aについては、従来の「10ワットをこえ20ワットまでの1灯につき」では108円66銭だったが、新たに設けられた「10ワットまでの1灯につき」では75円33銭になり、33円33銭下がることになる。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.