> > 三菱商事、イギリスの海底送電インフラ事業の運営開始

三菱商事、イギリスの海底送電インフラ事業の運営開始

記事を保存

三菱商事は、100%子会社であるSPCおよび在英国現地法人を通じ、豪州系投資銀行マッコーリー・キャピタル社の英国現地法人の保有する海底送電資産ウォルニーワンの持分全てを取得した。これにより同社は、日本企業として初めて海外における海底送電インフラ事業の運営を開始する。

マッコーリーは、2009年7月に発照された事業権入札を通じ、パートナーであるバークレイズ・インフラストラクチャー・ファンド・マネジメント社と共にウォルニーワンの資産及びその事業権を獲得しており、三菱商事によるマッコーリー持分取得後のウォルニーワン持分は、バークレイズ50%、三菱商事50%となる。

ウォルニーワンの資産規模は約130億円で、三菱商事はパートナーのバークレイズと共に、東アイルランド海の洋上風力発電所とランキャスター海岸の約50kmを結ぶ海底送電線と洋上変電設備を今後20年間保有・運営する。

近年、ヨーロッパでは洋上風力発電を初めとする再生可能エネルギーの利用拡大を目指していて、特にイギリスでは洋上風力発電の開発が積極的に推進され、2025年までに約30GW規模に及ぶ多数の新規案件が計画されている。

海底送電インフラ事業は、洋上風力発電で作られた電力を需要地である陸上に確実に送電するという低炭素社会の実現に不可欠な機能を担うものであり、洋上風力発電の増加に伴い、今後も市場の拡大が見込まれている。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.